予防が大切!業者も活用しよう!

トイレがつまって汚水が便器から溢れてしまっている、対処したいけど手の打ちようがない、という場合には、素直に業者に依頼して直してもらうのが一番です。この状態にまで発展してしまうと、一人でつまりを解消することは非常に難しく、業者の力が必要になりますので、無理をしないですぐに電話をしてください。近年の修理業者は24時間対応しているところも多いので安心です。無理に一人で直そうとすると、状態を更に悪化させてしまう可能性があるだけでなく、重要な部品なども傷つけてしまう可能性があり、そうなれば修理費用が高くついてしまいますので注意が必要です。

事が発生してからの対処では、トイレのつまりの場合は個人での対処が難しいものです。大切なことは、初期段階で直すことであって、事態が発展してしまってからでは対処ができないと覚えておくと良いでしょう。そのためトイレつまりの予防をすることは非常に大切で、普段のお掃除のときから気にして見ておいたり、つまりを予防するためにできるだけ異物を流さないように心がけたりなど、トイレの使い方や管理方法を見直していく必要があると言えるでしょう。定期的に業者に依頼してトイレのお掃除をしてもらうのも良いかもしれません。

つまり解消には何をすれば良い?

トイレつまりの解消法として有名なのは、大量の水を一気に流し込む方法や、お湯を流してみるという方法、ラバーカップを用いて排水管内の異物を取り除く方法、酸性の強力な洗剤を用いて排水管内のゴミを溶かすという方法の4つです。

まず水を一気に流し込む方法については、こちらは想像がつきやすいと思います。バケツに水を入れて準備をし、その水をいっきに便器の中へと流し込むというものです。この方法は水の勢いや圧力を用いてゴミを無理やり奥へと押しやる方法となりますが、あまり良い方法とは言えません。もしもゴミが流れなかった場合には、状態を更に悪化させる可能性もあるからです。

次にお湯を流すという方法についてですが、こちらはトイレットペーパーが管内につまっている場合に有効です。トイレットペーパーは水にとけるものですが、お湯だと更にとけやすく、それなりに効果が期待できると言えます。

ラバーカップを使用するという方法も有効で、異物を便器側へと引き戻して取り除くことが可能な方法となります。ラバーカップを使用したあとの掃除が大変になるのが少々ネックになりそうではあります。

最後に酸性の強力洗剤を使用する方法についてですが、こちらは異物が毛髪などの場合に効果的な方法となります。

初期のつまりをご存知ですか?

トイレのつまりはいきなり発生すると思われがちですが、実はそういうわけでもありません。実際には何か小さな物が排水管内に引っ掛かっていて、そこにトイレットペーパーや大便、小さな毛髪などが引っ掛かって異物が大きくなっていき、最後には水が通りにくい状態が出来上がってしまいます。そうです、トイレのつまりには初期段階や前兆の段階が確かにあるのです。

それでは、つまりの初期段階についてご紹介していきましょう。初期段階でよく発生するのが、便器内の水位の上昇と、水が流れ切るまでの時間が長くなるというものです。どちらも、ある程度普段から気にして見ておかないとなかなか気付きづらい状態ですので、見落とされてしまいがちです。トイレのつまりは、この段階までならばわざわざ業者を呼ぶこともなく自分で対処することが可能で、簡単なお掃除をすることで、つまりの予防をすることができます。トイレつまりを解消するためのラバーカップなどのお掃除グッズはホームセンターなどでも取り扱っていますし、つまりを解消させるための強力な洗剤なども市販されていますので、そういったお掃除グッズを活用して、つまりの初期段階を乗り越えるようにしましょう。

トイレのつまり、何が原因?

突然トイレがつまってしまって大変、という経験をされた方はどのように対処したのでしょうか。おそらくこのようなケースの場合、多くが修理業者に依頼して、トイレのつまりを直してもらったことと思います。トイレがつまって汚水が便器から溢れてしまうと、床の掃除が大変ですし、トイレの室内から漏れ出して他の部屋にまで溢れてしまっては、衛生面についても心配です。また、マンションやアパートにお住まいの場合には、下の部屋に住んでいる方に多大な迷惑をかける可能性があります。汚水が染み出して、天井から水がポタポタと滴ってくる、想像しただけで嫌でしょう。

さて、そんなトイレのつまりはどのように引き起こされるのでしょうか。トイレの排水管がつまってしまう原因にはいくつか考えられますが、最も多い原因が異物が管内に留まってしまっていることでしょう。通常、トイレは小便大便、トイレットペーパー以外は流してはいけないと注意書きがなされており、多くの人はそれ以外の物を流そうとはしません。しかし、ときどき何か物を落としてしまい、気付かずにそのまま流してしまうというケースも全く無いわけでもありません。ポケットに入れておいた小銭だったり紙屑だったりなど、ほんの小さな物でも流れずに排水管の中に残されてしまう可能性があり、これが原因でつまりを引き起こすケースがほとんどです。

当サイトではトイレのつまりの原因と、その解消法について紹介していきます。