初期のつまりをご存知ですか?

トイレのつまりはいきなり発生すると思われがちですが、実はそういうわけでもありません。実際には何か小さな物が排水管内に引っ掛かっていて、そこにトイレットペーパーや大便、小さな毛髪などが引っ掛かって異物が大きくなっていき、最後には水が通りにくい状態が出来上がってしまいます。そうです、トイレのつまりには初期段階や前兆の段階が確かにあるのです。

それでは、つまりの初期段階についてご紹介していきましょう。初期段階でよく発生するのが、便器内の水位の上昇と、水が流れ切るまでの時間が長くなるというものです。どちらも、ある程度普段から気にして見ておかないとなかなか気付きづらい状態ですので、見落とされてしまいがちです。トイレのつまりは、この段階までならばわざわざ業者を呼ぶこともなく自分で対処することが可能で、簡単なお掃除をすることで、つまりの予防をすることができます。トイレつまりを解消するためのラバーカップなどのお掃除グッズはホームセンターなどでも取り扱っていますし、つまりを解消させるための強力な洗剤なども市販されていますので、そういったお掃除グッズを活用して、つまりの初期段階を乗り越えるようにしましょう。