トイレのつまり、何が原因?

突然トイレがつまってしまって大変、という経験をされた方はどのように対処したのでしょうか。おそらくこのようなケースの場合、多くが修理業者に依頼して、トイレのつまりを直してもらったことと思います。トイレがつまって汚水が便器から溢れてしまうと、床の掃除が大変ですし、トイレの室内から漏れ出して他の部屋にまで溢れてしまっては、衛生面についても心配です。また、マンションやアパートにお住まいの場合には、下の部屋に住んでいる方に多大な迷惑をかける可能性があります。汚水が染み出して、天井から水がポタポタと滴ってくる、想像しただけで嫌でしょう。

さて、そんなトイレのつまりはどのように引き起こされるのでしょうか。トイレの排水管がつまってしまう原因にはいくつか考えられますが、最も多い原因が異物が管内に留まってしまっていることでしょう。通常、トイレは小便大便、トイレットペーパー以外は流してはいけないと注意書きがなされており、多くの人はそれ以外の物を流そうとはしません。しかし、ときどき何か物を落としてしまい、気付かずにそのまま流してしまうというケースも全く無いわけでもありません。ポケットに入れておいた小銭だったり紙屑だったりなど、ほんの小さな物でも流れずに排水管の中に残されてしまう可能性があり、これが原因でつまりを引き起こすケースがほとんどです。

当サイトではトイレのつまりの原因と、その解消法について紹介していきます。